資料請求
交通アクセス
中学入試に関するご質問

中学入試に関するご質問

Q. 2科受験よりも4科受験の方が有利でしょうか?それぞれの合否判定基準を教えてください。

A.2科、4科、いずれの場合も、まず2科で合否判定を行います。ここで2科受験の場合は、合否が決まりますが、4科の場合はここで合格点に達していない場合、4科でもう一度合否判定を行います。2回判定するので有利に見えますが、ここ数年、4科受験の80~90%の受験生が2科の合否判定で合格が決まっています。


Q.複数回受験できますか?また、メリットはありますか?

A.2011年度から各回全て受験ができるようになりました。合格判定の際、ボーダーラインにある場合は複数回受験された方を優先して選びます。


Q.中学校から高校への進学の基準はどのようになっていますか?

A.学習面、生活面で顕著な問題がない場合に中学校から高校への入学が許可されます。中高一貫校ですから、中学校から高校に進学することが原則となっています。


Q. 星美学園小学校出身者は何名くらい入学するのですか?また、クラス編成はどのようになっていますか?

A.年によって異なりますが、全体の約半数程度で、公立小学校出身者が過半数を占めます。また、クラスは、星美学園小学校出身者と公立小学校出身者をそれぞれ等分して編成しています。入学後すぐに行われる1泊2日の「オリエンテーション合宿」で仲良くなり、5月にはクラスのみんなが友達になります。


Q.生徒の通学時間はどのくらいですか。

A.今年度の新入生の通学平均時間は約56分です。東京区部と埼玉からの生徒が大半を占めていますが、千葉や茨城、東京市部など、かなり広い範囲から通学しています。遠いところでは、東京都八王子市や茨城県守谷市から毎日元気に通学しています。詳しくはこちらをご覧ください。


Q.理系への進学指導は、どのようになっていますか。

A.昨年度の卒業生は、約20%の生徒が理工、医療系に進学しております。数学では、中学1年から中高一貫校用のテキストを使用し、高校2年までに理系大学受験に必要な内容をほぼ終わらせ、高校3年では入試問題演習を行っています。また理系では、実験、観察を多く取り入れ、興味関心を高めると共に、少人数制の選択授業を充実させています。補習等を利用し、苦手分野の徹底から個別の入試問題対策まで小規模校ならではのきめ細かい指導を行い、進路を踏まえた生徒の希望に応えるようにしています。